創業からの歴史

HOME > 創業からの歴史

福山倉庫の生い立ち

私たちのルーツ


ヤマト福山商店のものとして使用された通帳(左)と当時使用されていたはっぴ(右)

私たちのルーツは明治24年11月に創業されたヤマト福山商店に遡ります。福山商店は札幌市中央区北4条西1丁目にて主に味噌と醤油を製造する醸造業(現在の福山醸造株式会社)を営んでおりましたが、それと同時に北海道各地に所有していた農場の小作料の収受や札幌市内に所有する貸地や貸家の管理といった不動産管理業務を行っていました。



北4条西1丁目倉庫群(左)と南二条営業所(右)


昭和46年、法人化して間もない頃の株式会社福山倉庫株券

倉庫業は昭和10年9月に醸造業の生産設備が全て苗穂の工場に移転したことに伴い、約520坪の余裕スペースを営業倉庫に転用したことからスタートいたしました。当時は営業倉庫というと主として臨海倉庫であり、札幌のような内陸にある倉庫は極めて珍しい時代ではありましたが、札幌駅のすぐ前、という地の利に恵まれて順調に発展を続けました。

昭和39年には中央区南2条西10丁目に所有していた貸地・貸家物件を整理し、約150坪の倉庫棟を建設して「南二条営業所」としました。 また昭和44年には中央区北2条東16丁目に所有していた土地に約250坪の暖房倉庫を建設して「東営業所」として発足させました。

昭和46年には組織を法人に改めて
資本金500万円で福山商店から 「株式会社福山倉庫」へと改組し、倉庫業と不動産賃貸業を業務とする株式会社として新たなスタートを切りました。


倉庫業・不動産賃貸業の発展


ホクレンパールタウン


米里営業所内1階定温倉庫

その後不動産賃貸業では昭和55年に北4条西1丁目の倉庫群を取り壊し、約850坪の敷地をホクレン農業協同組合に賃貸しました。その土地にはホクレンビルが建設され、私たちは本社機能を同ビル内に置きました。また地下の店舗部分「ホクレンパールタウン」を所有し、飲食街として地元の飲食店オーナーに賃貸しております。昭和56年には南二条営業所の敷地に福山倉庫・札幌市・日本住宅公団(現UR都市機構)の3者共同で区分所有形式の大型ビルを建設し、パールタウン(貸事務所+貸店舗-福山倉庫)・中央区民センター(札幌市)・札幌狸小路市街地住宅(UR都市機構)の機能を持つ複合ビルとして地域住民の皆様にご利用いただいております。

昭和60年には西区二十四軒に農地として所有していた土地にオフィスビル「パールビル」を新築しました。昭和62年には白石区米里に高床式の平屋倉庫2棟を新築し、「米里営業所」として営業を開始しました。高速道路のインターチェンジから至近距離にある、というメリットを生かして多種類の荷物を取り扱っています。


中央営業所・フクヤマビル


賃貸マンション「パールイレブン」

平成になりますと、平成3年に中央区南4条西10丁目に近代的な設備を備えた典型的な都市型倉庫である4階建ての「中央営業所」およびオフィスビルである「フクヤマビル」を完成させました。中央営業所では主に食料品及び機密文書類の保管を行っています。またフクヤマビルは現在6社・約50名の方々に事務所スペースとしてご利用いただいております。同年には米里営業所内に5階建ての定温・暖房設備を備えた高層倉庫棟の新築も行いました。主として特殊な温度・湿度管理を必要とする食料品類や凍結をきらう化学品を保管しています。平成8年には中央区南11条西8丁目に賃貸マンション「パールイレブン」を落成しました。二層の自走式駐車場を併設した11階建て31室のマンションで、私たちが直接キメ細かい管理を行うことにより居住者の皆様に安心して生活していただける住まいを提供しています。


現在の福山倉庫


苗穂営業所(左)と大谷地倉庫(右)


福山南三条ビル

平成10年には関連会社であり、東区苗穂町及び白石区流通センター内に倉庫群を所有していましたトモエ倉庫株式会社を統合して「苗穂営業所」ならびに「大谷地倉庫」として運営を始めました。同じく平成10年には中央区南3条西10丁目に「福山南三条ビル」を新築して本社機能をホクレンビルから移転いたしました。福山南三条ビルは平成14年の増築を経て、立体駐車場5基を備えた最先端の技術を結集させたビルとして17社のテナント企業と約500名の従業員の皆様に快適で生産的なオフィスワークの場を提供しています。また平成16年には苗穂営業所の敷地内に危険品倉庫を新築いたしました。主に石油化学品などの可燃物を安全に保管しています。

現在では不動産部門では貸地、貸店舗、貸事務所、賃貸マンション、駐車場を有する総合不動産賃貸業者として、また倉庫部門では普通倉庫、定温倉庫、暖房倉庫、危険品倉庫、トランクルームを有するフルラインの営業倉庫業者として地域経済の発展に貢献するべく活動しております。

このページのトップへ